2009年07月24日

●まもなく番組配信開始のお知らせ


最後の更新から一か月が経とうとしています。

このままでは、七月に更新をしないまま八月を迎えることになる。

八月に入りましたら、早速番組を配信しますので、番組放送開始までもうしばらくお待ちください。

それまで私は僅かに手持ち無沙汰なので、『Mi.ch presents みつよしのプロダクションノート(期間限定)』なんてものを立ち上げてみました。

おそらく一か月後ぐらいに自然消滅すると思います。



八月の番組配信開始まで、今しばらくお待ちください。


  渡辺光義1248441934.gif
posted by orner at 22:51 | Comment(0) | INTRODUCTION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

●Mi.ch / 第一期 番組のご案内。


この度、Mi.ch 第一期 放送番組が決定しましたので、ここにご案内致します。



『バクラジ 〜Super Strong Show〜』
ジャンル:社運バラエティー

パーソナリティー:追久保拓巳、ADあしゅら、ほか
番組内容:混迷する2001年代終結の時、世間に爆笑と冷笑を届けるために生まれた番組。それが『バクラジ』だ!
 毎回内容を変えて、個性的な企画を放送する「バクラジ★フィーチャー」。その日に出された話題から、フリートークを膨らませる「ズボいッきりBOMB!」。テレビ・映画を独自の視点から批評する「笑顔のTV監視人」などのコーナーを送る。




『(番組名未定)』
ジャンル:フリートーク

SMC:そいや  スペゲス:各回一名
番組内容:平成生まれの「そいや」が毎回スペゲス(スペシャルゲスト)を一人呼んで、トークしたり、いろんなことをする番組。※スペゲスは小学校時代の友人から、今に至る知人まで、とにかく喋りたい人!
 OPトーク、「スペゲス登場!」、「しゃべってしゃべって大乱闘!」のコーナーなどをお送りする約30分間の番組。




『ショウちゃんの少女漫画ナビ☆』
ジャンル:男子禁制

パーソナリティー:菖蒲大介
番組内容:少女漫画を趣味に持つ不思議な男の子、ショウちゃんこと菖蒲大介がメイン・パーソナリティを務める。
 過去の名作少女漫画を紹介する「地味に胸キュン」。最新の少女漫画リリース情報を伝える「八百屋さんはヤオイ屋さんとは違うんですぅ! ぷんぷん!!(仮)」のコーナーをお届けする。




『コンチゃんアカデミー』
ジャンル:魑魅魍魎

所長:コンチ  研究員:こんちゃん
番組内容:都内大学経済学部に通う“コンチゃんアカデミー”研究員・こんちゃんが、“コンチゃんアカデミー”所長・コンチ(魔女)を相手に、世間にあふれる“数字”の不思議をプレゼン。
 「一つの数字から、世界が見える」をキーワードに、ヤワラカ頭で考えられる“経済の新常識”を紹介するバラエティー番組。




『あぐり道場』
ジャンル:教育

出演:あぐり(仮)
番組内容:“ラジオ部の島崎和歌子”の異名を取るあぐ姉が、引きこもり男子・童貞ニート・中年アイドルオタク・アキバ系リュックサックロリオタなど、現代の情けない男どもに“喝!”を入れる番組。
 エレン・アグネジェレス・ショー(元ネタ)として、番組冒頭、あぐ姉がカメラの前の視聴者に、世間のおかしな点に素朴な疑問と不満を投げかける「ひとりトーク」の時間がある。




『しょうたの地球オトナ学TV』
ジャンル:バラエティー

パーソナリティー:しょうた(仮)  アシスタント:未定
番組内容:我々はどこから来たのか。我々は何者か。我々はどこへ行くのか――。地球誕生から46億年。私たちの住むこの青い星の神秘に迫る。
 あなたの知的好奇心を刺激する、新感覚・地球バラエティー。この番組を聴けば、この惑星をもっと好きになれます。合言葉は、「DEATH EARTH!!」です。




後日、上記の番組に新たな番組が追加される予定です。

また、パーソナリティー紹介ページなども今後UPする予定ですので、そちらもお楽しみに。
posted by orner at 23:16 | Comment(0) | INTRODUCTION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

●Mi.ch / 会社情報


Mi.ch 会社情報

<会社名>
無限会社 ミッチャンネル
Mi.ch

<業種>
ラジオ・テレビ番組制作業

<設立>
2009年6月14日

<代表者>
渡辺 光義

<社員数>
超流動的のため表記不可

<事業所>
超流動的のため表記不可

<電話>
プライバシーに関わる情報のため表記不可

<メールアドレス>
mitsuyoshi@hollywood.co.jp

<ホームページ>
http://mi-ch.seesaa.net/

<事業目的>
ラジオ・テレビ番組の企画・制作・配信
映画の企画・制作・製作・配給
マルチメディアソフト・CD・DVD等の企画・制作・販売
舞台・イベントの企画・制作・運営
文化講演・セミナー等の企画・制作・運営
書籍の企画・制作・出版
コマーシャル・広告の企画・制作・配信
インターネットホームページの運営
自殺希望者の自殺遂行延期
その他上記に係る娯楽・芸術事業全般

<主な取引先>
放送集団テラワロス
成蹊大学ラジオクラブ
メガ☆ラジ
SNN(サザエ・ニュース・ネットワーク)

posted by orner at 07:01 | Comment(0) | INTRODUCTION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

≪ M i . c h ≫ Statement at the Opening of the Mi.ch


 「王様になるのはいいもんだ (“It's good to be the king.”)」

 我が人生の師メル・ブルックスの不朽の名台詞ほど、今の私の心境を見事に言い表してくれるものはない。

 昔からラジオ番組がやりたくてしょうがなかったというわけではない。まったくもってそんな過去はない。
 しかし、今、なぜかインターネットラジオ局を自分自身の手で、完全に自発的に開設してしまっている。

 みなさん。まずはこのことを、私と一緒に驚こう。

 チャンネル名の「Mi」とは、私の名前のイニシャルでもあるのだが、「Mission:Impossible」という英語の略でもある。
 不可能を実現することこそが、私に与えられえた「ミッション」というわけだ。完全に後付けだが。

 このチャンネルでは、ただ単に面白いことだけをやりたい。面白ければ何でもいいのだ。
 これは危険になり得る理論だが、正当性のある理論でもあるだろう。“面白いか、面白くないか。それが問題だ。”

 「Mi.ch」開設にあたり、初代局長として、以下の三点を社訓ならぬ「チャンネル訓」としたい。

 (1)真面目にバカをすること
 (2)独創的であること
 (3)緊迫感があること

 この三点を半年後には誰も憶えていないだろうが(私を含めて)、別に世界史用語じゃないし、憶えてもらう必要などハナからない。これから私たちが番組を作っていけばよいのである。

 もし私が“自由の国”アメリカに生まれていたら(もはや皮肉にしか聞こえないか?)、私は絶対にスタンダップ・コメディアンを志していたと思う。
 私は「作りたがり」で「出たがり」だから、コナン・オブライエンみたいな人に憧れる。非常に残念なのは、私の知り合いに誰一人として、コナン・オブライエンという人物の存在を知っている人がいないことだ。スティーヴ・マーティンも知らないよね。だから、この段落は意味のない段落である。あなたは読み飛ばすべきだった。

 最後に、深夜(あるいは明け方)に長文メールを送られることを許し、バカ話の聞き手にされることを許し、しかもそのバカ話に強制的に参加させられることを許してくれている私の周りの人びとに、感謝したい。

 この文章をお読みのみなさんへ。
 これまでありがとう。これからが、よろしく。


 06/14/09

 Mi.ch
   Producer

 Mitsuyoshi Watanabe

posted by orner at 07:00 | Comment(1) | INTRODUCTION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。